賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸物件に関わるお引っ越し

今まで実家から賃貸アパートへ、賃貸アパートから賃貸アパートへ、賃貸アパートから新築分譲マンションへと3度の引っ越しを緩行しましたがそのスタイルはそれぞれ異なっていました。実家から賃貸アパートへ引っ越した際は荷物も少ないということで引越業者も他人のマンパワーも軽トラック等のレンタカーも全く利用せず、自分一人でマイカーを使って引っ越しを完了させました。一度で済まず、何度も往復することになりましたが、費用面はガソリン代くらいで済みました。

賃貸アパートから賃貸アパートへの引っ越しでは荷物も増えたため引越業者を利用することにし、複数の業者の営業担当を自宅に招いて見積もりをとりました。その中から最安値の引越業者に依頼したのですが、作業中姿見を破壊された以外は大過なく引っ越しは完了しました。もちろん弁償はしてもらいました。営業担当の見積もりが甘く、トラックを追加配備したのが印象に残りました。

賃貸アパートから新築分譲マンションへの引っ越しでは、搬入引越業者をマンション販売会社が指定しており、特に見積りを依頼することはありませんでした。別に指定外の引越業者に依頼しても構わないのですが、入念に計画された搬入の時間割に他業者が入り込むのはたやすくなく、場合によっては深夜まで搬入を待たされる可能性があるとのことで販売会社のいいなりになるしかなかったのです。

その他の記事

話題の賃貸の情報はこのサイトがおすすめですよ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.