賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

新たな賃貸マンションへ友人と引越し作業

一人暮らしをして何度目かの引越しの時の話です。その時の引越し当日は、友人に手伝ってもらいました。本当は母が来る予定でしたが、仕事の都合で来ることが出来なくなったため、友人に当日手伝ってもらいました。引越し業者に見積もりをして貰ったり、新しい賃貸マンションの確認をする作業まではスムーズにいきました。ダンボールに詰める荷造りも退去する賃貸の掃除や公共料金等の精算も終わり、後は当日の引越し業者に運んでもらうだけでした。しかし、当日はどうも引越しをする人が多かったらしく予定の時間を遅れても来ませんでした。そこで業者に連絡したところ前の引越しでかなり時間がかかったらしく、夕方になるとのことでした。そういったこともあり、友人とひたすら待っていることしか出来ませんでした。

そして、夕方頃に引越し業者が来て作業が始まりました。その時に今度は、新しい賃貸マンションの方にガス会社の人が早めに訪問することになってしまいました。しかも本人の確認が必要なこともあったので、その場を引越し業者と友人に任せて、私は新居に来るガス会社の方とガスの必要確認に行きました。そうしている間に引越しの積み込みが終わり、新居への移動が開始されました。私はガス会社の人との話が終わって、友人の元に一度戻って一緒に新居に向かいました。そこからは何事もなく、引越し作業が進みました。こんなにバタバタした感じの引越しでした。かなり慌しい引越しでしたが、無事に引越しが出来たので良かったです。

その他の記事

話題の賃貸の情報はこのサイトがおすすめですよ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.