賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸物件に引っ越す際の注意点

賃貸物件に引っ越す際に是非とも気をつけてもらいたい点があります。それは汚れ、傷、磨り減りについてです。引っ越したばかりでこんなことを申し上げるのは気が早いのかもしれませんが、今後引越しをすることをまず考える必要があります。こちらが立ち退く際、大家はあれやこれやといんねんめいたものをつけ、修繕費を請求してくるケースが多いのです。大家からすれば空き家が出来ると次の住人を引きこむため、最低限の修繕をします。そのお金を浮かそうとするために生じるトラブルなのです。これを避けるためには引っ越した直後にこれから済むことになる部屋一つ一つを入念に調べ上げ、落ちない汚れ、または傷を発見したら必ずこれは自分がやったものではないという証拠になる写真を撮っておきましょう。また備え付けのふすまがありましたら、なくても問題なければ取ってしまいましょう。ふすまは使えば使うほど側面が磨り減っていきます。そのため引越しさの際に弁償という形で請求してくる大家がいます。それを避けるためには最初から使用しなければ文句を言われることはなく、無駄なお金を請求されることもありません。場合によっては必要になってくるかもしれませんが、そうでないのならば取り外しておきましょう。

引っ越したばかりの際は、これから引っ越すことを考えるのは気が早いかもしれません。しかし備えあれば憂いなしです。事前の準備が今後のトラブル回避に繋がります。言いがかりにちかい内容で金銭を請求されないためにも、賃貸物件に引っ越す際には内装をくまなく確認しておきましょう。

その他の記事



Copyright(c) 2018 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.