賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸には連帯保証人の用意を

賃貸を借りる時には、連帯保証人を探さなくてはなりません。この連帯保証人が必要な理由と言うのは、万が一借主が賃貸を払えなくなった場合に、代わりに責任を負う人の事です。経済難から家賃を滞納してしまっている場合、突然いなくなってしまったりして、大家さんが本人からの金銭の回収が不可能な場合、連帯保証人を頼ることになります。責任が重い為、通常親や兄弟、親戚ではない限り、連帯保証人になってくれる人は少ないですから、誰を頼ることができるのか、初めから話を付けておくことが大切です。

多くの場合、親や兄弟を連帯保証人とすることが多いですが、まに審査が通らず、他の人を連帯保証人としてほしいと言われることがあります。多くの場合、保証人となるには収入が少なすぎたりするという事が多いです。たとえば、無職だったり、年金暮らしである場合には、万が一の場合未払いの家賃についての責任をとることができないと判断されます。年金暮らしの親や親せきしか頼ることができない場合、連来保証人を複数立てることで認めてくれる事もありますので、不安な場合には大家さんに交渉してみるといいでしょうね。

万が一、誰も連来保証人となってくれないとなると困ってしまいますね。最終手段には、お金を払って連帯保証人を代行してくれる会社に依頼をすることができます。もちろん、余計な費用が毎月かかってきてしまいますので、お金に余裕がない人には痛い話でありますが、最後の綱として頼れるという事は覚えておくといいです。

その他の記事

話題の賃貸の情報はこのサイトがおすすめですよ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.