賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸契約後、すぐに入居しないでするべきこと

満足できる賃貸物件がやっと見つかり、賃貸契約を交わしていれば、もう思いのままです。引越市の荷物が後になるにしても、身体だけ先に転居しておいて生活を始める人も少なくはありません。クリーニングがしてあり、きれいだといえどもそれなりの掃除も必要ですし、これからの生活に夢をふくらませている人達にとっては、忙しい引越しにおける動きや手続きも煩わしいことでもないでしょう。そのため、早く新居に入りたくなるものなのですが、身体や荷物は、ほんの少しでも持ち込んでしまってからでは、その後に見つけた傷や汚れを管理者側に訴えることができませんし、反対に修理代を請求されることが考えられます。すぐにでも入居したいところですが、必ず傷や汚れ、不具合などの点検をしてから入居にかからなければ、折角の夢ふくらむ新居に気分を害することになります。

親切な不動産管理会社は、立ち会いをしながらチェックをしてくれますが、それが無かった時は、必ず写真を撮り、至急連絡をして来てもらうことが大切です。傷や汚れについての確認は、引越し業者が入る前も同様です。荷物を入れた後の確認を必ず業者のスタッフとその場で一緒にしておき、新しい傷があれば修理してもらうようにすることです。

その他の記事



Copyright(c) 2018 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.