賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸住まいの引越時には冷蔵庫の向きと電源のタイミングに注意を

賃貸住まいの引越をするときに、もっとも慎重に扱わないとならない家電製品があります。それは冷蔵庫であります。この冷蔵庫はサイズこそ大なり小なりいろいろありますが、いずれにしてもそこいらの荷物と同じように適当に雑に搬送していたら故障の可能性をきたしてしまうのであります。そのため冷蔵庫の搬送時は必ず冷蔵庫の向きを使用しているときと同じように立てた状態で搬送する必要があるのです。電源のタイミングに注意しないと故障の可能性があるということ

ではなぜ冷蔵庫の搬送時には冷蔵庫の向きを使用してい時と同じように立てた状態で搬送しないとならないのかというと、冷蔵庫の機器の内部には空気を冷やすための冷媒機能とそのための液体が格納されているからです。しかし横にしてしまうとその冷媒の液体がたくさんあらぬ方向へ偏ってしまい正常な稼働を妨げてしまうのであります。ゆえに立てた状態で搬送するのはその故障を避けるためでもあるのです。また賃貸住宅へあるいは賃貸からの別の住宅へ搬送が終わってもすぐに電源を入れることは避けたほうが無難であります。というのは立てた状態で搬送していたとしても内部の冷媒液体などが完全に落ち着いた状態になっていないからであります。なので内部の状態が完全に落ち着いてから電源を入れるのであります。

その他の記事



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.