賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸に住むときには布団の種類をコンパクトにする工夫を

賃貸に住むということは建物を借りて住んでいるわけですから、いずれはどこか別の場所へ出で行かないとならない、それは引越をしないとならないということを意味しますので日頃から室内にある荷物の管理がとても重要な作業の1つになります。その荷物の日頃の管理は引越の作業の手間を楽にさせるために荷物の量を増やしすぎないということ、そして単体のサイズ自体が大きすぎないように気を付けるということです。そんな単体の荷物のサイズを大きすぎないように気を付けるですが、これに該当する荷物の1つとして布団が挙げられるのです。

さて通常単体のサイズ自体が大きいとされている布団ですが、では賃貸に住むときには布団をどのように管理すればいいのかにつきましては、1つ目はできるだけ布団の種類を掛布団に関しては羽毛布団にするということであります。というのは羽毛布団というのはコンパクトに折りたためるという利点があり、うまく折りたたむと50CM以内のバッグに収納できて1人で持ち運びできるのであります。もっとも真冬場に寝るときなどは他に敷布団や毛布などが要るわけですが、引越しの際にはそれらを全部1つの大きな袋にまとめてしまうのではなくて、枕や毛布に関しては段ボールや1人で抱えられるサイズの軽いプラスチックでできた衣類収納箱に1つずつ入れるなど工夫することで1人でも楽に抱えて荷物の搬入搬出がやりやすくできるのです。残りは敷布団1つになるわけですが、これは単体のサイズをこれ以上小さくすることはできませんし、衣類収納箱や段ボールに梱包は難しいですが、折りたたんだ後に大きなビニールの袋でしっかりと梱包することでそれ自体も1人で抱えて搬入搬出できるようになるのです。ということで賃貸に住むときには布団一式をまとめて運搬するのではなくて1つ1つバラバラにしてそれぞれをうまくコンパクトに梱包して運搬すると作業が楽になるのです。

その他の記事



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.