賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談

賃貸物件で引っ越す際は、物品の破損に注意。

引越の際、注意することはいくつもありますが、賃貸物件に暮らしている場合、物品の破損に注意する必要があります。賃貸物件の場合、その物件の所有者は別にいるからです。引越の時に、よくあるのが、家具や大型家電を搬出する際に、壁を傷つけてしまうということです。重い上に、大きいため、注意していても壁を傷つけてしまいます。個人でやる場合は、要注意です。引越業者に頼めば、安心してもいいと思います。引越業者は驚くほど、壁や床に注意しているからです。

割れ物の運搬にも注意が必要です。すべて引越業者に任せれば、問題はないと思います。万が一、引越業者に任せて、物品が破損した場合は、引越業者に責任を取ってもらえばいいと思います。割れ物などの梱包は個人でやって、搬出は引越業者に任せる場合は、注意が必要です。引越業者の方は、割れ物でも、割れない物でも、同じように扱います。もちろん箱には、「割れ物」だとか「注意」だとか書かれていますが、それでも気にすることは少ないようです。このような場合は、引越先で箱を開けたら、物品が破損していたということになってしまいます。自分で梱包しているので、引越業者に責任転嫁出来ません。引越の際は注意しましょう。

その他の記事

話題の賃貸の情報はこのサイトがおすすめですよ



Copyright(c) 2017 賃貸マンションへ引っ越ししたときの体験談 All Rights Reserved.